トップページ » お知らせ(一覧表示) » 記事詳細表示

お知らせ

奉納甚句 〜奉賛会長〜

2019年07月15日 更新

小戸神社夏越祭の手拭いは、白地に朱色の三つ巴。

長年使用されてきたこのデザインを

平成から令和への御代替の節目に新しく致しました。

この手拭いは、小戸神社奉賛会と氏子青年会により

御奉納を戴き、祭当日には参加者全員に配布されます。

昨日の御神輿飾付けに先立って、その御披露目があり、

奉賛会長から氏子総代の皆様へ

青年会長から氏子青年の皆様へ手渡されました。

この手拭いのデザインの中心となるのが、山口奉賛会長から以前奉納戴いた甚句。

ひととせ待ちたる祭禮は 産土様の出でましに 御神幸仕える氏子達 

きりり絞めたる鉢巻きと 揃いの法被のその背中に 昔ながらの三つ巴

笛や太鼓の音にのせて 祓い清めて舞う獅子に 続く御旗や子若たち

耳に懐かしあの節は 唄い継がれた神域の 夏越し音頭の名調子

父も担いだ黒屋根の 揺らぐ神輿の見事さは 担う若衆の心意気

老いも若きも合わす手に お家繁盛 町繁盛

悪い病の流行らぬよう 願う宮司の祈りあり

これより芽出度く御宮入り

響く太鼓も勇ましく 駆ける男衆の雄々しさに 黄金の鳳凰天空を舞う

千秋万歳 小戸神社

祭を繋いできた先人達の思いや、それを受け継ぐ我々の心構え。また老若男女がそれぞれに役割を果たすことにより

氏子地域の安寧を祈る祭として成り立つ様など、全てが織り込まれた有難い甚句だと思います。

祭に参加する人だけでなく、お参り戴く方も含めて、どうか素晴らしい夏越祭になりますようお祈りいたします。

祢宜


歴史