トップページ » 各種祈願・お祓い

歴史

長い人生の中で、節目節目に神社におまいりし神々に感謝することは、今までの自分を見つめ直し、今後の行く先を明確に意識することにもつながります。

命を受け継いだことへの感謝と、その命が後世に繋がるように祈ることこそ、我々日本人のもっとも大事にしてきたことではないでしょうか。

神社で行うお祓い 〜人生節目の儀式〜

安産祈願 (妊娠5ヶ月目の戌の日)

赤ちゃんは、神様や先祖様から授かった大事な宝です。妊娠5ヶ月目の戌の日に、子供が授かったことを感謝し、出産の無事を祈ります。夫婦揃ってお参りください。

尚お祓いにお越しの際は、腹帯を御持参ください。

初宮詣 (生後1ヶ月過ぎ)

無事の出産を感謝し、子供の健やかなる成長を祈ります。

初宮詣をすることで、地域(氏子)の一員として神様に認めて戴き、おまもり戴くという意味もあります。また子供の父・母となったのだという覚悟を認識する、けじめの儀式でもあります。

お参りの日程としては、一般的に男の子が生後31日・女の子が生後33日(地方によって異なる場合があります)といわれますが、お母様とお子様の体調や天候を考慮しながら、生後1ヶ月以降にお参りすると良いでしょう。

赤ちゃんにとっては、人生の出発点となります。御家族揃ってお参りして、お祝いいたしましょう。

七五三詣 (主に11月中)

男の子は、3才と5才。女の子は3才と7才にお参りします。

神様の御加護のもと、子供が無事に成長していることに感謝し、更なる成長を祈ります。また子供に、年齢相応の自覚を促す意味合いもあります。

尚本来は数え年で行いますが、満年齢でのお参りも受け付けております。

厄祓 (主に1月〜2月)

今日まで無事に生活を営んでこられたことを感謝し、災いの多いといわれる厄年を、無事に過ごせるように祈ります。

男性は、25才・42才・61才、女性は、19才・33才・37才になる歳が厄年です。厄年の前の年を前厄、当年を本厄、後の年を後厄として、3年間お参りすると良いでしょう。

神様の御加護を祈るだけでなく、自分自身も身を慎み、心を正して日々過ごすことも重要です。

当社では、厄年の方ご自身に「厄掛絵馬」に名前を記入して戴き、御祭神伊弉諾大神の御神徳にあやかって厄が祓われるよう、絵馬掛けに御奉納戴いております。

結婚式

神々の計らいによりお2人が巡り会えたという事を感謝し、そして神様の御加護のもとに新しい家庭を営み、社会に寄与するということをお誓い戴き、御両家の弥栄を祈念するという儀式が、結婚式です。

当社での結婚式は、新郎新婦様の他、御両家各12名ずつ参列していただけます。

またお2人での結婚奉告祭なども受け付けております。

人生最大の節目ともいえる結婚式。いつの日か、我が子と手をつなぎ神社の参道を歩くとき、その感動が蘇ることと存じます。

自動車祓

お車を購入された際に、車の安全を祈念し、自身の安全運転を誓います。また不慮の災いなどにあわぬよう神様にお守りくださるよう祈ります。


自宅に伺うお祓い 〜家に関するお祭り〜

神饌
お供え物の例

自宅でお祭りをする際は、神饌(しんせん)を御用意戴きます。神饌とは神様にお供えするお食事のことです。

日本人の主食である「お米」をはじめ、そのお米を醸した「お酒」、「海の幸」、「山の幸」、そして人間が生きていく上で必要な「塩」と「水」などです。

神饌を用意するところから、お祭りは既に始まっているのです。

地鎮祭

家を建てるにあたり、土地に鎮まられる神々をおまつりし、工事の安全と一家の繁栄を祈ります。

家祓

家の完成または購入にあたり、その家に神様をお迎えして無事に完成したことを感謝し、建物の安全と一家の繁栄とを祈ります。

開業・開店清祓

会社やお店の開業にあたり、繁栄と安全を祈ります。


その他のお祓い 〜先祖様に関するお祭り〜

神葬祭

神道でのお葬式にあたります。故人の遺徳を偲び、生前に受けた恩に感謝すると共に、永遠の別れを惜しみ、且つ御霊が安らかに鎮まりますようにお祈り致します。

五十日祭

亡くなられた御霊が、御先祖様のもとに辿り着かれる日が50日とされ、この日より御先祖様と同じ場所でお祭りする(合祀)ことが出来るようになります。

年忌祭

命日にあたり、故人の遺徳を偲ぶと共に、命の繋がりに感謝し子孫をお守りくださるよう祈ります。このお祭りは、1年目・3年目・5年目・10年目に行います。それ以降は、5年毎(もしくは10年毎)に執り行い、50年祭にて祭り上げとなります。


各種祈願、お祓いはお電話にて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。